SSL化しているのに「保護された通信」と表示されないのですが

WebサイトをSSL化したのに「保護された通信」と表示されない場合は、ページ内に「http://」で始まるリンクが残っている場合などに発生します。ここでは、各ブラウザ毎にコンテンツを調査する方法をご案内します。

Chrome

1.F12キーを押してツールを表示します。
2.Consoleタブをクリックします。

3.Mixed Contentに「http://」ではじまるリンクが表示されますので、「https://」に修正して下さい。

Microsoft Edge、Internet Explorer

1.F12キーを押してツールを表示します。
2.コンソールタブをクリックします。

3.コンソール内のエラーコード「SEC7111」に「http://」ではじまるリンクが表示されますので、「https://」に修正して下さい。

Firefox

1.F12キーを押してツールを表示します。
2.コンソールタブをクリックします。

3.コンソール内の「混在アクティブコンテンツ」に「http://」ではじまるリンクが表示されますので、「https://」に修正して下さい。

WordPressで本症状が発生する場合は、「Really Simple SSL」というプラグインをインストールすることにより改善されることがあります。Really Simple SSLのインストール手順につきましては、こちらをご参照下さい。

クラウド型レンタルサーバー「カラフルボックス」公式サイトオープン!
詳しくはこちら
Bitnami
Bitnami